大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 榎本研究室 大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 榎本研究室

研究業績

原著論文

2020

  1. Urara SATAKE, Sena HARADA and Toshiyuki ENOMOTO: Viscoelastic behavior of polishing pad: Effects on edge roll-off during silicon wafer polishing, Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 62 (2020) 30-39.
  2. Toshiyuki ENOMOTO, Urara SATAKE and Xin MAO: New water-based fluids as alternatives to oil-based fluids in superfinishing processes, CIRP Annals Manufacturing Technology, 69 (2020) 297-300.
  3. Tatsuya Sugihara, Anirudh Udupa, Koushik Viswanathan, Jason M Davis, Srinivasan Chandrasekar, Organic monolayers disrupt plastic flow in metals, Science Advances, 6, 51 (2020) eabc8900.
  4. Liu Chi-Hsin, Tatsuya Sugihara, Toshiyuki Enomoto: High Speed Machining of Inconel 718 with High Pressure Coolant Focusing on Material Structures of CBN Tools, International Journal of Automation Technology, 14, 6 (2020) 1045-1050.
  5. Urara Satake, Senju Matsui and Toshiyuki Enomoto: Polishing pad for reducing edge roll-off while maintaining good global flatness of silicon wafer, Precision Engineering, (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 66(2020)577-592.
  6. Jason M Davis, Mojib Saei, Debapriya Pinaki Mohanty, Anirudh Udupa, Tatsuya Sugihara, Srinivasan Chandrasekar: Cutting of tantalum: Why it is so difficult and what can be done about it, International Journal of Machine Tools and Manufacture, 157 (2020) 103607.
  7. Dinakar Sagapuram, Anirudh Udupa, Koushik Viswanathan, James B Mann, Rachid M’Saoubi, Tatsuya Sugihara, Srinivasan Chandrasekar: On the cutting of metals: A mechanics viewpoint, Journal of Manufacturing Science and Engineering, 142, 11 (2020) 110808.

2019

  1. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO, Teppei MIYAGAWA, Takuya OHSUMI, Hidenori NAKAGAWA and Katsuhiro FUNABASHI: Achieving stable removal rate in polishing with small tools, Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 55 (2019) 248-253.
  2. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO, Teppei MIYAGAWA, Takuya OHSUMI, Hidenori NAKAGAWA and Katsuhiro FUNABASHI: Stabilization of removal rate in small tool polishing of glass lenses, International Journal of Automation Technology, 13, 2 (2019) 221-229.
  3. Takeru MIZUTANI, Urara SATAKE and Toshiyuki ENOMOTO: Surgical diamond wheels for minimally invasive surgery in bone resection under small quantity of coolant supply, Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 56 (2019) 80-86.
  4. Mojib Saei, Anirudh Udupa, Koushik Viswanathan, Tatsuya Sugihara, Rachid M’Saoubi, Srinivasan Chandrasekar: Controlling segmentation in cutting of metals, CIRP Annals, 68 (2019) 41-44.
  5. Anirudh Udupa, Tatsuya Sugihara, James B. Mann, Glues Make Gummy Metals Easy To Cut: Journal of Manufacturing Science and Engineering, 141, 9 (2019) 091011.
  6. Anirudh Udupa, Narayan Sundaram, Tatsuya Sugihara, Srinivasan Chandrasekar: Direct In Situ Observation of Deformation Modes in Wedge Indentation of Metals, MATERIALS TRANSACTIONS, 60, 8 (2019) 1442-1449.
  7. Tatsuya Sugihara, Anirudh Udupa, Koushik Viswanathan: A Plastic Boundary Layer in Wedge Indentation of Aluminum, MATERIALS TRANSACTIONS, 60, 8, (2019) 1436-1441.
  8. Anirudh Udupa, Tatsuya Sugihara, Koushik Viswanathan, Srinivasan Chandrasekar: Altering the Stability of Surface Plastic Flow via Mechanochemical Effects, PHYSICAL REVIEW APPLIED,11(2019)1.

2018

  1. 福井克成,廣瀬研二,佐竹うらら,榎本俊之,杉原達哉:両面研磨加工におけるウェーハ厚さむら抑制のための加工条件最適化,精密工学会誌,84,3(2019)277-283 (精密工学会 2019年度研究奨励賞,第40次工作機械技術振興賞 論文賞 受賞)
  2. 水谷 建,榎本俊之,小園典也,佐竹うらら,杉原達哉:骨切除時の熱侵襲を抑制する医療用研削工具(冷却水としての生理食塩水の影響),日本機械学会論文集,84,858(2018)[DOI: 10.1299/transjsme.17-00356].
  3. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO, Yuma OBAYASHI and Tatsuya SUGIHARA:Reducing Edge Roll-Off During Polishing of Substrates, Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 51(2018)97-102.

2017

  1. 杉原達哉,藤原航太,榎本俊之,山本修太郎,山本敬,向恭平:チタン合金加工における油滴挙動に着目した高潤滑水溶性切削油剤の開発,砥粒加工学会誌,61,4(2017)197-203.(第39次工作機械技術振興賞 論文賞 受賞)
  2. Tatsuya SUGIHARA, Toshiyuki ENOMOTO:Performance of Cutting Tools with Dimple Textured Surfaces: a Comparative Study of Different Texture Patterns, Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 49(2017)52-60.
  3. Tatsuya SUGIHARA, Yuki NISHIMOTO, Toshiyuki ENOMOTO:Development of a novel cubic boron nitride cutting tool with a textured flank face for high-speed machining of Inconel 718, Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 48(2017)75-82.

2016

  1. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Ultra-Low-Frequency Vibration Assisted Machining of Ti-6Al-4V Alloy, International Journal of Automation Technology, 10, 4(2016)647-653.
  2. Tatsuya SUGIHARA, Shota TAKEMURA and Toshiyuki ENOMOTO:Study on High-Speed Machining of Inconel 718 Focusing on Tool Surface Topography of CBN Cutting Tool, The International Journal of Advanced Manufacturing Technology, 87(2016)9-17.

2015

  1. Tatsuya SUGIHARA, Yuki NISHIMOTO and Toshiyuki ENOMOTO:On-machine Tool Resharpening Process for Dry Machining of Aluminum Alloys Employing LME Phenomenon, Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology), 40(2015)241-248.
  2. Tatsuya SUGIHARA, Shota TAKEMURA and Toshiyuki ENOMOTO:Improving Tool Wear Resistance by Considering Surface Microstructures of CBN Cutting Tool,Advanced Materials Research,806(2015)561-566.

2014

  1. 佐竹うらら,榎本俊之:シリコンウェーハ研磨加工におけるウェーハエッジ部の表面形状創成過程-研磨パッド変形量がエッジ・ロールオフ生成に及ぼす影響-,精密工学会誌,80,8(2014)777-782.
  2. Toshiyuki ENOMOTO, Hironori SHIGETA, Tatsuya SUGIHARA and Urara SATAKE:A New Surgical Grinding Wheel for Suppressing Grinding Heat Generation in Bone Resection,Annals of the CIRP,63,(2014)305-308.

2013

  1. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Crater and Frank Wear Resistance of Cutting Tools Having Micro Textured Surfaces,Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology),37, 4 (2013)888-896.(平成25年度マザック財団 優秀論文賞 受賞)
  2. 重田浩典,榎本俊之,杉原達哉:湿潤状態における骨の特性に着目した低侵襲医療用工具の開発,日本機械学会論文集(C編),79,804(2013)2917-2928.(第35次工作機械技術振興賞 論文賞 受賞)
  3. Toshiyuki ENOMOTO, Urara SATAKE, Tsutomu FUJITA and Tatsuya SUGIHARA:Spiral-Structured Fixed-Abrasive Pads for Glass Finishing,Annals of the CIRP,62,(2013)311-314.
  4. 雪永敏志,杉原達哉,廣瀬研二,榎本俊之:低周波数域を用いた振動切削加工技術に関する研究 振動切削における切削液の効果に関する検討,砥粒加工学会誌,57,2(2013)116-121.

2012

  1. 佐竹うらら,榎本俊之:高平坦エッジ形状を実現する研磨パッド特性(加工前エッジ形状がエッジ形状創成過程に及ぼす影響),日本機械学会論文集(C編),78,796(2012)3984-3994.
  2. Toshiyuki ENOMOTO, Tatsuya SUGIHARA, Satoshi YUKINAGA, Kenji HIROSE and Urara SATAKE:Highly Wear-Resistant Cutting Tools with Textured Surfaces in Steel Cutting,Annals of the CIRP,61,(2012)571-574.
  3. 桐野宙治,榎本俊之:銅の超平滑化技術に関する研究-ナノバブル水と真空紫外光を用いた仕上げ研磨,砥粒加工学会誌,56,5(2012)325-330.(2012年度砥粒加工学会論文賞 受賞)
  4. 佐竹うらら,榎本俊之,三宅貴大,田畑 憲一:高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発(二層構造研磨パッドの上層軟質化によるエッジ平坦性の向上),日本機械学会論文集(C編),78,786(2012)669-676.
  5. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Improving Anti-Adhesion in Aluminum Alloy Cutting by Micro Stripe Texture,Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology),36, 2(2012)229-237.(2012年度精密工学会沼田記念論文賞 受賞)

2011

  1. 内藤達也,佐藤基起,佐竹うらら,廣瀬研二,榎本俊之:研磨パッドの表面状態に着目した高能率研磨加工に関する研究,日本機械学会論文集(C編),77,783(2011)4308-4317.
  2. Urara SATAKE, Wenxiao WANG, Toshiyuki ENOMOTO and Norikazu TABATA:Investigation of a Polishing Pad and a Carrier Film for Decreasing Edge Roll Off of Workpiece,Advanced Materials Research,325(2011)476-481.
  3. Okiharu KIRINO and Toshiyuki ENOMOTO:Ultra-Flat and Ultra-Smooth Cu Surfaces Produced by Abrasive-Free Chemical Mechanical Planarization/Polishing Using Vacuum Ultraviolet Light,Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology),35,4(2011)669-676.(2011年度精密工学会論文賞,第34次工作機械技術振興賞 論文賞 受賞)
  4. Toshiyuki ENOMOTO, Urara SATAKE, Takahiro MIYAKE and Norikazu TABATA:A Newly Developed Polishing Pad for Achieving High Surface Flatness Without Edge Roll Off,Annals of the CIRP,60,(2011)371-374.
  5. 小島洋平,榎本俊之,吉田義秀:フェライト系ステンレス鋼のバフ仕上げ研磨におけるスクラッチ発生の抑制,砥粒加工学会誌,55,7(2011)412-417.
  6. 山本修太郎,榎本俊之,水谷秀行,浜岡享,向恭平:ミセル形成とポリマを用いた水溶性ホーニング油剤の開発,日本機械学会論文集(C編),77,776(2011)1535-1543.

2010

  1. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発(鉄鋼材料切削における工具耐摩耗性の向上),日本機械学会論文集(C編),76,771(2010)3119-3125.
  2. Toshiyuki ENOMOTO and Tatsuya SUGIHARA:Improving Anti-Adhesive Properties of Cutting Tool Surfaces by Nano-/Micro-Textures,Annals of the CIRP,59,(2010)597-600.
  3. 三宅貴大,榎本俊之,田畑憲一:シリコンウェーハ・エッジの高平坦仕上げを実現する研磨パッドの開発(静的・動的モデルによるエッジ平坦性の向上),日本機械学会論文集(C編),76,764(2010)981-986.

2009

  1. 山本修太郎,榎本俊之,川戸祐一:置換エネルギー効果による脂肪酸供給を用いた加工液の開発(耐溶着性に優れるアルミニウム用加工液),日本機械学会論文集(C編),75,759(2009)3062-3068.
  2. Kenji HIROSE and Toshiyuki ENOMOTO:Optimization of Double-Sided Polishing Conditions to Achieve High Flatness : Consideration of Relative Motion Direction,International Journal of Automation Technology,3,5(2009)581-591.
  3. 三宅貴大,榎本俊之:研磨パッドの粘弾性特性に着目した工作物エッジ・ロールオフ生成に関する検討,日本機械学会論文集(C編),75,758(2009)2830-2836.
  4. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Development of a Cutting Tool with a Nano/Micro-Textured Surface – Improvement of Anti-Adhesive Effect by Considering the Texture Patterns -,Precision Engineering (Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology),33,4(2009)425-429.(精密工学会 2009年度研究奨励賞 受賞)
  5. 高崎亮,榎本俊之,富永茂:潤滑状態を考慮した高加工能率を実現する研磨パッドの開発-低速・高速条件への適用-,砥粒加工学会誌,53,8(2009)508-513.
  6. 榎本俊之,王文瀟,澤田英樹,廣瀬研二,田畑憲一:構造解析を用いた高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発,日本機械学会論文集(C編),75,752(2009)1108-1113.
  7. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Development of a Cutting Tool with a Textured Surface for Dry Cutting of Aluminum Alloys,International Journal of Automation Technology,3,2(2009)199-203.

2008

  1. 藤田努,榎本俊之,富永茂,鈴木眞:構造制御形研磨パッドによる高能率仕上げ加工,日本機械学会論文集(C編),74,747(2008)2803-2808.
  2. 廣瀬研二,榎本俊之:大口径シリコンウェーハの高平坦両面研磨加工に関する研究(加工条件の最適化),日本機械学会論文集(C編),74,746(2008)2601-2606.
  3. 榎本俊之,杉原達哉:ナノ-マイクロ構造を表面に有する切削工具の開発(切りくず耐溶着性の向上),日本機械学会論文集(C編),74,745(2008)2315-2320.
  4. 桐野宙治,榎本俊之:真空紫外光を用いた銅の砥粒フリー研磨法の開発,日本機械学会論文集(C編),74,742(2008)1656-1661.
  5. 山本修太郎,榎本俊之:ミセル形成を用いた絞り-しごき加工液の開発(アルミニウム飲料缶用加工液),日本機械学会論文集(C編),74,740(2008)978-983.
  6. 藤田努,榎本俊之,富永茂,鈴木眞:構造制御形固定砥粒研磨パッドの開発(加工特性の向上に関する検討),日本機械学会論文集(C編),74,737(2008)219-224.

2007

  1. 園真,石田徹,寺本孝司,榎本俊之,竹内芳美:超精密5軸制御加工におけるセッティング誤差の一般化補正法,精密工学会誌,73,10(2007)1154-1158.(第29次工作機械技術振興賞 論文賞 受賞)
  2. 守屋貴雅,石田徹,寺本孝司,榎本俊之,竹内芳美:6軸制御両端止りマイクロ溝加工,精密工学会誌,73,10(2007)1137-1141.
  3. 高崎亮,榎本俊之:微細表面形状を有する切削工具の開発に関する研究―超硬工具によるアルミニウム合金の切削―,砥粒加工学会誌,52,8(2008)435-438.
  4. 榎本俊之,渡部敬士,青木佑一,大竹尚登:微細表面形状を有する切削工具の開発,日本機械学会論文集(C編),73,729(2007)1560-1565.
  5. 榎本俊之,藤田努,富永茂,鈴木眞:構造制御形固定砥粒研磨パッドの開発(光学ガラス研磨への適用),日本機械学会論文集(C編),73,726(2007)277-282.

国際会議発表論文(査読あり)

2020

  1. Senju MATSUI, Urara SATAKE and Toshiyuki ENOMOTO: Improvement of Edge Surface Flatness in Polishing of Silicon Wafers, Proceedings of the 18th International Conference on Precision Engineering, (2020) B-4-2.
  2. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO, Teppei MIYAGAWA and Takuya OHSUMI: Achieving Highly Stable Removal Rate in Small Tool Polishing of Glass Lenses,Proceedings of the JSME 2020 Conference on Leading Edge Manufacturing/Materials and Processing (LEMP2020), (2020) No. 8517.
  3. Mitsuru Hasegawa, Tatsuya Sugihara: High-Speed Machining of Ti-6Al-4V With a Micro Textured Cutting Tool Focusing on Coolant Behaviors, Proceedings of the JSME 2020 Conference on Leading Edge Manufacturing/Materials and Processing (LEMP2020), (2020) No. 8531.

2019

  1. Tatsuya Sugihara, Anirudh Udupa, Koushik Viswanathan: Some Observations on How Mechanochemical Effect Determines Deformation Mode and Chip Morphology in Cutting of Metals, Prodeedings of ASME 2019 (14th International Manufacturing Science and Engineering Conference), (2019) MSEC2019-2909.
  2. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO, Teppei MIYAGAWA, Takuya OHSUMI, Hidenori NAKAGAWA and Katsuhiro FUNABASHI: Stabilization of removal rate in small tool polishing of glass lenses,Proceedings of 52nd CIRP Conference on MANUFACTURING SYSTEMS(Procedia CIRP) 81 (2019) 210-215.
  3. Sena HARADA, Urara SATAKE and Toshiyuki ENOMOTO: Double-sided polishing conditions to suppress edge roll-off of silicon wafer, Proceedings of 34th Annual Meeting of the American Society for Precision Engineering (2019)
  4. Liu Chi-Hsin, Tatsuya Sugihara, Toshiyuki Enomoto: High speed machining of Inconel 718 with high pressure coolant focusing on material structures of CBN tools, Prodeedings of ASPEN 2019, D08

2018

  1. Tatsuya Sugihara, Anirudh Udupa, Koushik Viswanathan, Boundary layer structures in indentation studies of Aluminium, 6th International Indentation Workshop (2018)

2017

  1. Tatsuya SUGIHARA, Priya SINGHA, Toshiyuki ENOMOTO:Development of novel cutting tools with dimple textured surfaces for dry machining of aluminum alloys,Proceedings of 17th Machining Innovations Conference (MIC 2017),(2017)/Procedia Manufacturing 14(2017)111-117.
  2. Tatsuya SUGIHARA, Haruki TANAKA and Toshiyuki ENOMOTO:Development of Novel CBN Cutting Tool for High Speed Machining of Inconel 718 Focusing on Coolant Behaviors,45th Proceedings of the North American Manufacturing Research Institution of SME,(2017)/Procedia Manufacturing 10(2017)436-442.

2016

  1. Haruki Tanaka, Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:High speed machining of Inconel 718 focusing on wear behavior of CBN cutting tool,Proceedings of 7th CIRP International Conference on High Performance Cutting 2016,(2016)/Procedia CIRP 46 (2016) 545-548.
  2. Yuma OBAYASHI, Urara SATAKE and Toshiyuki ENOMOTO:New evaluation method of polishing pad property for estimating edge roll-off of silicon wafer,Proceedings of the 19th International Symposium on Advances in Abrasive Technology/Advanced Materials Research,874(2016)34-39.

2015

  1. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:High Speed Machining of Inconel 718 Focusing on Tool Surface Topography of CBN Tool,43rd Proceedings of the North American Manufacturing Research Institution of SME,(2015)No.36/Procedia Manufacturing 1(2015)675-682.
  2. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO, Keitaro Fujii and Kenji Hirose:Optimization method for double-sided polishing process based on kinematical analysis,Proceedings of 48th CIRP Conference on MANUFACTURING SYSTEMS,(2015)D-14-01166/Procedia CIRP 41(2016)870-874.
    CIRP Conference
  3. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Study on ultra-low-frequency vibration machining of Ti-6Al-4V alloy,Proceedings of the 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century,(2015)No. 0524.
  4. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO, Kenji Hirose and Keitaro Fujii:Analytical Study on Double-sided Polishing Process of 450 mm Silicon Wafers for Improving Global Flatness,Proceedings of the 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century,(2015)No. 1008.

2014

  1. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Novel cutting tools having micro textured surface for steel cutting,Proceedings of 14th International Conference of the European Society for Precision Engineering and Nanotechnology,2(2014)343-346.
  2. Urara SATAKE and Toshiyuki ENOMOTO:Evaluation of polishing pad property by rubber hardness test - Estimating edge surface flatness of workpiece -Improvement of Edge Surface Flatness by a New Stacked Polishing Pad,Proceedings of 6th CIRP International Conference on High Performance Cutting 2014,(2014)329-332/Procedia CIRP 14(2014)329-332.
    CIRP Conference
  3. Tatsuya SUGIHARA, Yuki NISHIMOTO and Toshiyuki ENOMOTO:On-machine Tool Resharpening for Dry Machining of Aluminum Alloys,Proceedings of 5th Machining Innovations Conference (MIC 2014),(2014)68-73/Procedia CIRP 24(2014)68-73.
    CIRP Sponsored Conference

2013

  1. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO and Kenji HIROSE:Polishing pad properties for achieving high edge surface flatness,Proceedings of 13th International Conference of the European Society for Precision Engineering and Nanotechnology,2(2013)257-260.; Selected Oral Presentation
  2. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Frank wear resistance and tribological properties of a novel cutting tool with micro stripe texture,Proceedings of the 7th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century,(2013)251-254.
  3. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Improving Flank Wear Resistance of Cutting Tool by Micro Textured Surface,Proceedings of 5th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnolgy,(2013)1130-1135.
  4. Shota TAKEMURA, Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Study on High Speed Machining of Inconel 718 Focusing on Surface Topography of Cutting Tool,Proceedings of 5th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnolgy,(2013)1139-1144.(Presidenta Award 受賞)

2012

  1. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Improvement of Ant-Adhesive Properties of Cutting Tool by Nano/Micro Textures and its Mechanism,Proceedings of 1st CIRP Conference on Surface Integrity,19,(2012)100–105.
    CIRP Conference
  2. Urara SATAKE, Toshiyuki ENOMOTO and Kosuke MATSUDA:Improvement of Edge Surface Flatness by a New Stacked Polishing Pad,Proceedings of 5th CIRP International Conference on High Performance Cutting 2012,(2012)704-705.
    CIRP Conference
  3. Tatsuya SUGIHARA, Toshiyuki ENOMOTO, Satoshi YUKINAGA, Kenji HIROSE, Urara SATAKE:Improving anti-adhesion in cutting of aluminum alloy by micro stripe texture -Considering texture dimension- Proceedings of 14th International Conference on Precision Engineering, (Emerging Technology in Precision Engineering), (2012)1092-1098.
  4. Tatsuya SUGIHARA, Toshiyuki ENOMOTO and Satoshi YUKINAGA:Improving Tool Wear Resistance in Steel Cutting by Textured Surface and Its Mechanism,Advanced Materials Research,565(2012)424-429.
  5. Tatsuya SUGIHARA, Toshiyuki ENOMOTO, Satoshi YUKINAGA, Kenji HIROSE and Urara SATAKE:Improving Anti-Adhesion in Cutting of Aluminum Alloy by Micro Stripe Texture -Considering Texture Combination-,Key Engineering Materials,523-524(2012)1092-1097.

2011

  1. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Improving Anti-Adhesive Properties of Cutting Too for Aluminum alloy by Nano/Micro Textures,Proceedings of 6th International Conference on MicroManufacturing,(2011)189-193.
  2. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Improvement of Tool Wear Resistance in Steel Cutting by Textured Surface,Proceedings of International Tribology Conference 2011,(2011)F1-07.
  3. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Improvement of Tool Wear Resistance in Steel Cutting by Textured Surface,Proceedings of 26th Annual Meeting of the American Society for Precision Engineering,(2011)No.3295.
  4. Tatsuya NAITO, Motoki SATO, Urara SATAKE, Kenji HIROSE and Toshiyuki ENOMOTO:Improvement of Finishing Efficiency Considering Contact Behavior of Polishing Pad with Workpiece Surface,Proceedings of 26th Annual Meeting of the American Society for Precision Engineering,(2011)No.3319.

2010

  1. Okiharu KIRINO and Toshiyuki ENOMOTO:Achievement of Super-Smooth Surface of Cu by Abrasive-Free CMP Utilizing Vacuum Ultra-Violet Light,Proceedings of 10th International Conference of the European Society for Precision Engineering and Nanotechnology,(2010)212-215.
  2. Takahiro MIYAKE and Toshiyuki ENOMOTO:Achieving High Flatness of Workpiece Edge Shape by Considering Polishing Pressure,Key Engineering Materials,447-448(2010)71-75.
  3. Wenjun SHAO, Toshiyuki ENOMOTO, Tatsuya SUGIHARA, Makoto INOUE, Satoshi KAWAGISHI and Takeshi KUWANA:Micro-Milling of Nickel-Based Alloy,Proceedings of 4th CIRP International Conference on High Performance Cutting,2,(2010)99-102.
    CIRP Conference
  4. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:Improving Anti-Adhesive Properties of Cutting Tool Surfaces by Nano/Micro Textures – Considering the Texture Patterns -,Proceedings of 25th Annual Meeting of the American Society for Precision Engineering,(2010)219-222.
  5. Kenji HIROSE and Toshiyuki ENOMOTO:Achievement of High Flatness of Large Diameter Silicon Wafer in Double-Sided Polishing – Optimization of Polishing Conditions Considering Relative Motion Direction -,Proceedings of the 14th International Conference on Mechatronics Technology,(2010)232-236.

2009

  1. Kenji HIROSE and Toshiyuki ENOMOTO:Achievement of High Flatness of Large Diameter Silicon Wafer in Double-Sided Polishing – Optimization of Polishing Conditions Considering Relative Motion Direction -,Proceedings of the ASME 2009 International Manufacturing Science and Engineering Conference,(2009)No.84055.
  2. Takahiro MIYAKE, Toshiyuki ENOMOTO and Kenji HIROSE:The Edge Roll Off Generation Mechanism in Polishing by Considering The Viscoelasticity of Polishing Pads,Proceedings of the ASME 2009 International Manufacturing Science and Engineering Conference,(2009)No.84063.
  3. Syutaro YAMAMOTO and Toshiyuki ENOMOTO:Development of a Working Lubricant Utilizing Micelle Formation and Polymer Compounds,Proceedings of the 5th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century,(2009)243-246.

2008

  1. Okiharu KIRINO and Toshiyuki ENOMOTO:Development of an Abrasive-Free CMP Method of Cu Utilizing Vacuum Ultra-Violet Light,Proceedings of 10th International Conference of the European Society for Precision Engineering and Nanotechnology,(2008)135-138.
  2. Kenji HIROSE and Toshiyuki ENOMOTO:Achievement of High Flatness of Large Diameter Silicon Wafer in Double-Sided Polishing – Optimization of Polishing Conditions Based on Kinematical Analysis -,Proceedings of 23rd Annual Meeting of the American Society for Precision Engineering,(2008)396-399.
  3. Tatsuya SUGIHARA and Toshiyuki ENOMOTO:A Cutting Tool with Nano/Micro-Textured Surface for achievement of High Anti-Adhesive Effect,Proceedings of 23rd Annual Meeting of the American Society for Precision Engineering,(2008)534-537.

2007

  1. Shingo YAMAMOTO, Tohru ISHIDA, Toshiyuki ENOMOTO and Yoshimi TAKEUCHI:Accuracy Improvement of Ultraprecision Micromachining by Detecting Non-Rotational Diamond Cutting Tool Tip Position,Proceedings of the 4th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century,(2007)751-754.

2006

  1. Toshiyuki ENOMOTO, Tsutomu FUJITA, Shigeru TOMINAGA and Makoto SUZUKI:Development of a Structure-Controlled Fixed-Abrasive Pad for Finishing of an Optical Glass,Proceedings of 21st Annual Meeting of the American Society for Precision Engineering,(2006)591-594.

講演発表論文(査読なし)

2020

  1. 松井千寿,佐竹うらら,榎本俊之 : シリコンウェーハの研磨加工におけるエッジ平坦性の向上,2020年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2020)D03.
  2. 水谷建,佐竹うらら,榎本俊之: 骨切除時の熱侵襲を抑制する冷却方法の検討,2020年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2020)B11.
  3. 毛鑫,佐竹うらら,榎本俊之: ウルトラファインバブルを用いた超仕上げ用水溶性油剤,2020年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2020)175-176.

2019

  1. 長谷川充,杉原達哉:テクスチャ技術を用いたTi-6Al-4V高速加工の研究,2018年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2019) pp.636-637. (ベストプレゼンテーション賞 受賞)
  2. 原田勢那,佐竹うらら,尾林勇眞,榎本俊之:研磨パッドの粘弾性特性に着目したエッジ・ロールオフの抑制,2019年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2019)121-122.(ベストプレゼンテーション賞 受賞)
  3. 王磊,佐竹うらら,福井克成,榎本俊之:シリコンウェーハの両面研磨加工における平坦性の向上,2019年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2019)125-126.
  4. 池田亘亮,佐竹うらら,原田勢那,榎本俊之:両面研磨加工におけるシリコンウェーハの高平坦化,第26回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2019).
  5. LIU CHIHSIN,杉原達哉,榎本俊之:高圧クーラントを用いたInconel 718の高速切削加工-CBN工具の材料組織構造の影響-,2019年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2019)452-454.
  6. 佐竹うらら,榎本俊之,宮川鉄平,大住拓也,中川英則,舟橋克紘:スモールツール研磨加工における除去能率の安定性向上,2019年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2019)67-70.
  7. 野村琢真,杉原達哉,榎本俊之:アルコールとの腐食反応を利用したアルミニウム合金の切削加工,2019年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2019)628-629.
  8. 佐竹うらら,榎本俊之,宮川鉄平,大住拓也,中川英則,舟橋克紘:ガラスレンズのスモールツール研磨加工における除去能率の安定性向上,2019年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2019)58-59.

2018

  1. 水谷 健,榎本俊之,佐竹うらら:生理食塩水供給下における骨切除時の熱侵襲を抑制する医療用研削工具,2018年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2018)753-754.(ベストプレゼンテーション賞 受賞)
  2. 水谷 建,佐竹うらら,榎本俊之:骨切除時の熱侵襲を抑制する医療用研削工具(工具の表面処理),2018年度日本機械学会年次大会講演論文集,(2018)S1320102.
  3. 杉原達哉,シンプリヤ,榎本俊之:微細表面テクスチャの導入による切削工具の高機能化,2018年度日本機械学会年次大会講演論文集,(2018)S1320202.
  4. 佐竹うらら,榎本俊之,小川貴大:エッジ・ロールオフ抑制に有効な研磨パッドの選定方法,2018年度日本機械学会年次大会講演論文集,(2018)S1330004.

2017

  1. 名部洲甫,佐竹うらら,尾林勇眞,榎本俊之:エッジ・ロールオフを抑制する研磨パッドの開発に関する研究,第24回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2017)5-6.(優秀講演賞 受賞)
  2. プリヤシン,杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造による切削工具の高機能化-アルミニウム合金のドライ加工のための構造最適化-,第24回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2017)27-28.(Excellent Presentation賞 受賞)
  3. 田中晴貴,杉原達哉,榎本俊之:切削油材挙動に着目した CBN工具による Inconel 718の高速切削加工,2017年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2017)190-192.(優秀講演賞 受賞)
  4. 福井克成,廣瀬研二,佐竹うらら,榎本俊之:両面研磨加工におけるウェーハ厚さむら抑制のための加工条件最適化,2017年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2017)239-240.
  5. 尾林勇眞,佐竹うらら,榎本俊之:研磨加工におけるエッジ・ロールオフの抑制 ―研磨パッドの機械的特性と研磨加工条件に関する検討―,2017年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2017)243-244.(ベストプレゼンテーション賞 受賞)

2016

  1. 尾林勇眞,佐竹うらら,榎本俊之:シリコンウェーハ研磨加工におけるエッジ・ロールオフの抑制,第23回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2016)83-84.
  2. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造による切削工具の高機能化とその構造最適化,2016年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2016)27-30.
  3. 杉原達哉,藤原航太,榎本俊之,山本修太郎,山本敬,向恭平:チタン合金切削加工における油滴挙動に着目した高潤滑水溶性切削油剤の開発,2016年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2016)53-58.

2015

  1. 竹村彰太,杉原達哉,榎本俊之:Inconel718の切削加工におけるCBN工具の摩耗抑制に関する研究 微細表面構造を有するCBN工具の開発,2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2015)405-406.
  2. 佐竹うらら,松田浩輔,榎本俊之:エッジ・ロールオフ抑制を実現する研磨パッド,2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2015)1019-1020.
  3. 杉原達哉,榎本俊之:極低周波数域での振動を援用したチタン合金のドライ切削加工法,2015年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2015)15-18.
  4. 佐竹うらら,榎本俊之:シリコンウェーハ研磨加工における高平坦エッジの実現,日本械学会2015年度年次大会講演論文集,(2015)G1300104.

2014

  1. 岡田雄樹,榎本俊之,杉原達哉,人見崇也:皮質骨構成成分に着目した熱損傷抑制医療用工具の開発,2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2014)463-464.
  2. 重田浩典,榎本俊之,杉原達哉:湿潤状態における骨の特性に着目した骨切除用ダイヤモンド砥粒工具の開発,2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2014)649-650.
  3. 和泉恭平,杉原達哉,榎本俊之:高級脂肪酸多量体に着目したチタン合金加工用切削油剤の開発に関する研究,2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2014)741-742.(ベストプレゼンテーション賞 受賞)
  4. 松本拓,藤井慶太郎,佐竹うらら,榎本俊之:ドレッサの偏摩耗抑制を考慮した研磨パッドの平坦化ドレス,第21回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2014)1-2.
  5. 人見崇也,岡田雄樹,杉原達哉,榎本俊之:骨の機械的・化学的特性に着目した熱侵襲を抑制する医療用研削工具の開発,第21回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2014)83-84.(優秀講演賞 受賞)
  6. 佐竹うらら,榎本俊之:エッジ・ロールオフ抑制に有効な研磨パッドの選定 研磨パッド変形特性の評価方法,2014年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2014)7-10.
  7. 佐竹うらら,榎本俊之:研磨パッドの変形特性がエッジ・ロールオフに及ぼす影響 除去量が少ない場合に有効な研磨パッド変形特性,2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2014)601-602.
  8. 杉原達哉,榎本俊之:液体金属脆化作用を援用した切削工具の機上再生,2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2014)551-552.
  9. 杉原達哉,榎本俊之:液体金属脆化作用を援用した切削工具の機上再生技術に関する研究,日本機械学会 第10回生産加工・工作機械部門講演会講演論文集,(2014)7-8.(優秀講演論文賞 受賞)
  10. 佐竹うらら,榎本俊之,廣瀬研二,藤井慶太郎:シリコンウェーハ研磨加工におけるグローバルフラットネスとエッジサイトフラットネス,日本機械学会 第10回生産加工・工作機械部門講演会講演論文集,(2014)181-182.

2013

  1. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究-逃げ面摩耗の抑制-,2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2013)81-82.
  2. 竹村彰太,榎本俊之,杉原達哉:工具の表面品位に着目したInconel 718の高速切削加工に関する研究,第20回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2013)115-116.
  3. 藤井慶太郎,佐竹うらら,榎本俊之:大口径シリコンウェーハの高平坦両面研磨加工に関する研究-駆動モータ負荷を考慮した加工条件の最適化-,第20回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2013)123-124.
  4. 川北拓人,佐竹うらら,榎本俊之:高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発,第20回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2013)125-126.
  5. 松田浩輔,佐竹うらら,榎本俊之:スエード研磨パッドを用いたシリコンウェーハ・エッジ部の高平坦仕上げ,第20回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2013)127-128.
  6. 藤井慶太郎,佐竹うらら,榎本俊之:大口径シリコンウェーハの高平坦両面研磨加工に関する研究-駆動モータ負荷を考慮した加工条件の最適化-,2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2013)233-234.
  7. 竹村彰太,杉原達哉,榎本俊之:工具の表面形状に着目したInconel 718の高速切削加工に関する研究,2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2013)331-332.

2012

  1. 杉原達哉,雪永敏志,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究-複合テクスチャによる高機能化-,2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2012)213-214.
  2. 内藤達也,佐藤基起,佐竹うらら,杉原達哉,榎本俊之:研磨パッドの表面状態に着目した高能率研磨加工に関する研究,2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2012)311-312.
  3. 杉原達哉,雪永敏志,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究 鉄鋼材料切削における工具摩耗の抑制,2012年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2012)180-183.
  4. 雪永敏志,杉原達哉,廣瀬研二,榎本俊之:低周波数域を用いた振動切削加工技術に関する研究 振動切削における切削液の効果に関する検討,2012年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2012)367-372.
  5. 佐竹うらら,榎本俊之,廣瀬研二:高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発(二層構造研磨パッドの上層軟質化によるエッジ平坦性の向上),2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2012)61-62.
  6. 杉原達哉,雪永敏志,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究(工具摩耗抑制を目的としたテクスチャの最適化),2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2012)211-212.

2011

  1. 小島洋平,榎本俊之,吉田義秀:ステンレス鋼のバフ仕上げ研磨におけるスクラッチ発生の抑制,2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2011)297-298.
  2. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究―凝着抑制メカニズムについての考察―,2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2011)233-234.
  3. 佐竹うらら,榎本俊之:構造解析を用いた高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発,第18回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2011)107-108.
  4. 佐藤基起,榎本俊之,内藤達也,廣瀬研二:仕上げ用研磨パッドの表面状態に着目した高能率・高平坦研磨加工,第18回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2011)105-106.
  5. 佐竹うらら,榎本俊之,田畑憲一:構造解析を用いた高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発,2011年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2011)25-28.
  6. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する切削工具による切りくず凝着抑制に関する研究,日本機械学会2011年度年次大会,(2011)J111034.
  7. 雪永敏志,杉原達哉,榎本俊之,今崎能吉,榛木竜,小林孝一:低周波数域を用いた振動切削加工技術に関する研究,2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2011)99-100.
  8. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究-テクスチャ最適化とドライ加工への適用-,2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2011)213-214.

2010

  1. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究―工具耐摩耗性向上に関する検討―,2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2010)765-766.
  2. 内藤達也,榎本俊之:研磨パッド-工作物間の接触状態に着目した高能率研磨に関する研究,第17回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2010)37-38.
  3. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究―微細表面構造の効果に関する考察―,2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2010)273-274.
  4. 三宅貴大,榎本俊之,田畑憲一:シリコンウェーハ・エッジの高平坦仕上げを実現する研磨パッドの開発―静的・動的モデルによるエッジ平坦性の向上―,2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2010)349-350.
  5. 桐野宙治,榎本俊之:真空紫外光を用いた砥粒フリー研磨により達成した銅の超平坦・超平滑表面,日本機械学会 第8回生産加工・工作機械部門講演会講演論文集,(2010)141-142.

2009

  1. 小島洋平,榎本俊之,杉原達哉:ナノ-マイクロ構造を表面に有する切削工具を用いた鉄鋼材料の切削加工,第16回度精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2009)7-8.
  2. 三宅貴大,榎本俊之:研磨パッドの粘弾性特性に着目した工作物エッジ・ロールオフ発生に関する検討,第16回精密工学会学生会員卒業研究発表講演会論文集,(2009)45-46.(優秀講演賞 受賞)
  3. 三宅貴大,榎本俊之:工作物エッジ・ロールオフ生成メカニズムに関する検討,精密工学会2009年度関西地方学術講演会講演会論文集,(2009)45-46.
  4. 杉原達哉,榎本俊之:微細表面構造を有する高機能切削工具の開発に関する研究―鉄鋼材料の切削―,2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2009)125-126.
  5. 三宅貴大,榎本俊之:研磨パッドの粘弾性特性に着目した工作物エッジ・ロールオフ発生に関する検討,2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2009)347-348.
  6. 廣瀬研二,榎本俊之:遊星歯車式両面研磨機を用いた高平坦研磨に関する一考察,2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2009)351-352.
  7. 三宅貴大,榎本俊之,田畑憲一:シリコンウェーハ・エッジの高平坦仕上げを実現する研磨パッドの開発―研磨パッド構成に関する検討―,2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2009)355-356.
  8. 山本修太郎,榎本俊之,川戸祐一:置換エネルギー効果による脂肪酸供給を用いた加工液の開発,2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2009)417-418.

2008

  1. 桐野宙治,榎本俊之:真空紫外光を用いた銅の砥粒フリー研磨法の提案(第2報)-加工能率の向上に関する検討-,2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2008)273-274.
  2. 藤田努,榎本俊之,富永茂,鈴木眞:構造制御形固定砥粒研磨パッドの開発 接触状態を考慮した研磨パッドの評価,2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2008)271-272.
  3. 王 文瀟,榎本俊之:構造解析を用いた高平坦研磨加工システムの最適化に関する研究-研磨パッド構造に関する検討-,2008年度精密工学会学生会員卒業研究発表会講演論文集,(2008)89-90.
  4. 杉原達哉,榎本俊之:ナノ-マイクロ構造を表面に有する切削工具の開発に関する研究,2008年度精密工学会学生会員卒業研究発表会講演論文集,(2008)75-76.(優秀講演賞 受賞)
  5. 廣瀬研二,榎本俊之:大口径シリコンウェーハの高平坦両面研磨加工に関する研究-加工条件の最適化-,2008年度精密工学会学生会員卒業研究発表会講演論文集,(2008)95-96.
  6. 向恭平,山本修太郎,友田英幸,榎本俊之:ミセル形成を用いた絞り-しごき加工液の開発,2008年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集,(2008)341-344.
  7. 廣瀬研二,榎本俊之:大口径シリコンウェーハの高平坦両面研磨加工に関する研究-加工条件およびワークホール配置の最適化-,2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2008)437-438.
  8. 杉原達哉,榎本俊之:ナノ-マイクロ構造を表面に有する切削工具の開発に関する研究―耐凝着性の向上―,2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2008)697-698.
  9. 高崎亮,藤田努,榎本俊之,富永茂:高加工能率を実現する構造制御形研磨パッドの開発に関する研究 接触状態を考慮した加工特性の評価,日本機械学会 第7回生産加工・工作機械部門講演会講演論文集,(2008)199-200.

2007

  1. 榎本俊之,高崎亮:微細表面形状を有する切削工具の開発 超硬工具によるアルミニウム合金の切削,2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2007)289-290.
  2. 守屋貴雅,石田徹,寺本孝司,榎本俊之,竹内芳美:刃先位置検出法を用いた6軸制御両端止りマイクロ溝加工,2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2007)683-684.
  3. 園真,石田徹,寺本孝司,榎本俊之,竹内芳美:超精密5軸制御加工におけるセッティング誤差の一般化補正法,2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2007)689-690.
  4. 榎本俊之,藤田努,澤田英樹,田畑憲一,上真樹:高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発 シリコンウェーハとガラス研磨への適用,2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2007)1139-1140.
  5. 藤田努,榎本俊之,富永茂,鈴木眞:構造制御形固定砥粒研磨パッドの開発 パッド表面状態が加工能率に及ぼす影響,2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2007)1141-1142.
  6. 澤田英樹,榎本俊之:高平坦エッジ形状を実現する研磨パッドの開発に関する研究,2007年度精密工学会学生会員卒業研究発表会講演論文集,(2007)51-52.
  7. 高崎亮,榎本俊之:微細表面形状を有する切削工具の開発に関する研究,2007年度精密工学会学生会員卒業研究発表会講演論文集,(2007)71-72.
  8. 澤田英樹,榎本俊之,田畑憲一,上真樹:シリコンウェーハのエッジ高平坦研磨に関する研究,日本機械学会2007年度年次大会講演論文集(4),(2007)221-222.
  9. 山本真語,石田徹,榎本俊之,竹内芳美:工具刃先位置を利用した非回転工具用補正NCデータの作成,日本機械学会2007年度年次大会講演論文集(4),(2007)271-272.
  10. 大場貴信,石田徹,榎本俊之,竹内芳美:超精密マイクロ加工用のCAPPシステムの研究,日本機械学会2007年度年次大会講演論文集(4),(2007)273-274.
  11. 澤田英樹,榎本俊之,田畑憲一,上真樹:シリコンウェーハ・エッジの高平坦仕上げを実現する研磨パッドの開発に関する研究,2007年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2007)713-714.
  12. 桐野宙治,榎本俊之:真空紫外光を用いた銅の砥粒フリー研磨法の提案,2007年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2007)719-720.

2006

  1. 榎本俊之,渡部敬士,竹内芳美,藤田努,大竹尚登,青木佑一:マイクロエンジニアリングサーフェスを有する切削工具の開発 セグメント構造DLCコーテッド工具によるアルミニウム合金の切削,2006年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2006)281-282.
  2. 榎本俊之,藤田努,竹内芳美,富永茂,鈴木眞:構造制御形固定砥粒研磨パッドの開発 光学ガラス研磨への適用,2006年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,(2006)473-474.
  3. 藤田努,榎本俊之:スパイラル構造を有する固定砥粒研磨パッドの開発,2006年度精密工学会学生会員卒業研究発表会講演論文集,(2006)3-4.(優秀講演賞 受賞)
  4. 藤田努,榎本俊之,富永茂,鈴木眞:構造制御形固定砥粒研磨パッドの開発 加工能率の向上に関する検討,2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2006)319-320.
  5. 守屋貴雅,石田徹,榎本俊之,竹内芳美:6軸制御超精密両端止りマイクロ溝加工,2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,(2006)797-798.
  6. 榎本俊之,渡部敬士,高崎亮,青木佑一,大竹尚登:微細表面形状を有する切削工具によるMQL加工,日本機械学会 第6回生産加工・工作機械部門講演会講演論文集,(2006)163-164.

受賞

2019

第40次工作機械技術振興賞 論文賞
工作機械技術振興財団
精密工学会 2019年度春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
精密工学会,原田勢那(当時M2)
精密工学会 2018年度研究奨励賞
精密工学会,福井克成(当時M2)

2018

第39次工作機械技術振興賞 論文賞
工作機械技術振興財団
平成29年度日本機械学会奨励賞(研究)
日本機械学会,杉原
精密工学会 2018年度秋季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
精密工学会,水谷 建(当時M2)
日本機械学会 2012年度三浦賞
日本機械学会,水谷 建(当時M2)
平成21年度 大阪大学工業会賞
大阪大学工業会,水谷 建(当時M2)

2017

平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者
文部科学省,杉原
平成29年度砥粒加工学会奨励賞
砥粒加工学会,杉原
精密工学会 2017年度秋季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
精密工学会,尾林勇眞(当時M2)
砥粒加工学会 2017年度砥粒加工学会学術講演会優秀講演賞
砥粒加工学会,田中晴貴(当時M1)
精密工学会 第24回卒業研究発表講演会優秀講演賞
精密工学会,名部洲甫(当時B4)
精密工学会 第24回卒業研究発表講演会Excellent Presentation賞
精密工学会,プリヤシン(当時B4)

2016

The 17th International Machine Tool Engineers’ Conference Excellent Poster Award
日本工作機械工業会
精密工学会 2016年度技術奨励賞
精密工学会,佐竹

2014

日本機械学会第10回生産加工・工作機械部門講演会優秀講演論文賞
日本機械学会 生産加工・工作機械部門
The 16th International Machine Tool Engineers’ Conference Best Poster Award
日本工作機械工業会
第35次工作機械技術振興賞 論文賞
工作機械技術振興財団
平成25年度マザック財団 優秀論文賞
マザック財団
精密工学会 2014年度春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
精密工学会,重田浩典(当時M1)
精密工学会 2014年度春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
精密工学会,和泉恭平(当時M2)
精密工学会 第21回卒業研究発表講演会優秀講演賞
精密工学会,人見崇也(当時B4)
 

2013

ASPEN2013(Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology) President Award
5th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnolgy
第34次工作機械技術振興賞 奨励賞
工作機械技術振興財団
第34次工作機械技術振興賞 論文賞
工作機械技術振興財団
精密工学会 2012年度精密工学会沼田記念論文賞
精密工学会
2012年度砥粒加工学会論文賞
砥粒加工学会
日本機械学会 2012年度三浦賞
日本機械学会

2012

2011年度精密工学会論文賞
精密工学会
The 15th International Machine Tool Engineers’ Conference Excellent Poster Award
日本工作機械工業会

2010

精密工学会 2009年度研究奨励賞
精密工学会,杉原
日本機械学会 2009年度三浦賞
日本機械学会,杉原
平成21年度 大阪大学工業会賞
大阪大学工業会,杉原

2009

第30次工作機械技術振興賞 奨励賞
工作機械技術振興財団
精密工学会 2009年度秋季大会学術講演会ベストポスタープレゼンテーション賞
精密工学会,杉原
精密工学会 第16回卒業研究発表講演会優秀講演賞
精密工学会,三宅

2008

第29次工作機械技術振興賞 論文賞
工作機械技術振興財団
精密工学会 2007年度(第25回)精密工学会沼田記念論文賞
精密工学会
精密工学会 第15回卒業研究発表講演会優秀講演賞
精密工学会,杉原

2006

第27次工作機械技術振興賞 奨励賞
工作機械技術振興財団
精密工学会 第13回卒業研究発表講演会優秀講演賞
精密工学会,藤田

2002

平成14年度砥粒加工学会奨励賞
砥粒加工学会,榎本

2001

2000年度日本機械学会賞(論文)
日本機械学会

2000

第21次工作機械技術振興賞 論文賞
工作機械技術振興財団

お問い合わせ

大阪大学 大学院 工学研究科
機械工学専攻 榎本研究室

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1
Tel & Fax: 06-6879-7340

教授: 榎本俊之
Email :

講師: 杉原達哉
Email :

助教: 佐竹うらら
Email :

PAGE TOP
Copyright © 2017 大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 榎本研究室 All Rights Reserved.